FC2ブログのリンクの貼り方を図説で解説!

目安時間:約 5分

 

FC2ブログでリンクを貼ろうと思ったら、ちょっと工夫が要ります。

今日は一緒にやってみましょう。

 

まず、FC2ブログにログインする。

ログインの方法が分からない方はこちらの記事を参考にしてみてください。

そしたら、リンクを貼りたい記事を出してください。

 

出せましたか?

 

実際にリンクを貼ってみる

リンクを貼るためにはFC2ブログの便利ボタン(自称)を利用します。

リンクってリンクの文字列を貼るだけではリンクになりえないんですよ。

で、どうやってやるのかというと、

①文字を書く

②文字を選択する。

③リンクボタンを押す

④そこにリンクを貼りつける

 

という手順を踏みます。

実際にやってみましょう。

①文字を書く

リンクを貼るためには文字にリンクを挿入するという手順をとらなければなりません。

なので、リンクを挿入するための文字を書きましょう。

 

②文字を選択する

先ほど書いた文章を選択してください。右クリックでびょーっと。

 

③リンクボタンを押す

書いた文字列を選択したら画像に赤い四角で囲ってる「URL」って書かれたボタンありますよね?

そこをクリックしてください。

 

④そこにリンクを貼りつける

すると、画像のような小窓が出てきます。

赤い四角で囲ってある「http://」って書かれた枠がありますよね?

そこに挿入したいリンクを入れ込みましょう。

今回は説明なので、試しにyahooのトップページにしてみます。

 

実際に入れ込むとこんな感じになります。

「新しいウィンドウで開く」か「現在のウィンドウで開く」のか選択したら、「OK」をクリックしましょう。

 

新しいウィンドがいいのかそれとも現在のウィンドがいいのか

新しいウィンドか現在のウィンドかどちらがいいのか、という事ですが、

 

自分のサイトのページに飛ばすことが目的なら現在のウィンドで

他のサイトに飛ばすことが目的なら現在のウィンドにしましょう。

 

何故ウィンドを分ける必要があるのかというと、

利用者に自分のサイトを残しておいてもらいたいからです。

 

もし、ほかのサイトを開く際に現在のウィンドで開いてしまうと、自分のサイトはブラウザ上から消え去ってしまうわけです。

貴方が書いている記事をわかりやすくするためにほかの記事を紹介したというのに、読者が

 

「さあ、元のサイトに戻って文章を読もうかな」

 

と思った際に

 

「あれ、あのサイトどこ行ったっけ?」

という事になりかねないわけです。

 

で、

「ま、いいや。面倒だからほかのことしよう」

となってしまうと、もう二度と戻ってくれることはないのかもしれません。

 

それってもったいないですよね?

というわけで、

他サイトを開かせるためには「新しいウィンド」を開く設定にしましょう。

 

「OK」をクリックすると、選択した文字の周辺にHTML言語が組み込まれます。

これでリンクを作成することができました。

 

「リアルタイムプレビュー」で確認すると、先ほど選択してリンクを挿入した文字列が青色のリンクに代わっていることが見て取れます。

確認し終わったら「記事を保存」と書かれている青色のボタンをクリックして保存してください。

これでリンクの挿入は終了です。

 

実際に自分でクリックしてみると、リンク先に飛ぶことが確認できるので、確認ついでにやってみてください。

 

お疲れ様でした。

 

まとめ

リンクはそのままページに張り付けるだけではだめ。

リンクをFC2の記事に挿入するためには、

①文字を書く

②文字を選択する。

③リンクボタンを押す

④そこにリンクを貼りつける

という工程を踏まなくてはならない。

 

 

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

管理人プロフィール

 

アフィリ猫:管理人

ブログアフィリエイトアドバイザー。
女子大生向けブログアフィリエイトの情報を発信する人(猫)。

管理人詳細プロフィール

 

ひきこちゃん

私立大学に入学してから学費を自分で払うためにアルバイトを探している女子大生。しかし、人と関わるのが苦手で在宅仕事をしたいと考ていたところ、ブログアフィリエイトに巡り合う。月5万円を稼ぐのが目標。

 

おすすめ商材

アンリミテッドアフィリエイト
 
●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」
 
アフィリエイトで稼ぐ方法をまとめた超大作。
内容がみっちり詰まっているので大変ですが、これを実践すれば間違いはありません。

最近の投稿
カテゴリー
最近のコメント
メタ情報
アーカイブ

ページの先頭へ